クレジットカードの申し込み方法

クレジットカードを発行するには、クレジットカードを発行しているカード会社との契約が必要です。

まず、カード会社に発行の申請を行い、申請者の返済能力の審査が行われます。
その審査に通れば、契約の手続きを行い、クレジットカードが発行されます。

最近は、様々なクレジットカードが流通していて、カードを発行している会社や業界によっても申し込み方法が異なります。

流通業界の会社が発行しているクレジットカードは、比較的簡単に申し込みを行えます。
例えば、百貨店であれば店舗の一角に専用の窓口が設置されているので、そこで申し込みを行えます。

また、ショッピングで商品を購入する際に、同時にクレジットカードの申し込みを行える場合もあります。

信販系の会社であれば、店舗にまで足を運んで店頭窓口で申し込みを行います。
銀行系のクレジットカードであれば、口座開設時に一緒に申し込むことができます。

最近は、インターネット上から専用の申し込みページが用意されている場合もあります。
その場合には、自宅からでも申し込みを行えます。

以前と比べるとインターネット環境も整備されて、簡単に申し込めるようになりました。
少しでも早く申し込みを行いたいのであれば、インターネットを利用することをおすすめします。

ただ、インターネットでの申し込みとなると、WEBページ上から必要書類を送信する必要があります。
運転免許証などの本人確認書類はスマートフォンなどのカメラで写真を撮って画像で提出することになります。

その為、PCやスマートフォンの操作に不慣れな方は、少しハードルが高いかもですね。
その場合には、店頭での申し込みをおすすめします。