複数ローンの「借り換え」について

現在は、複数のローン会社からお金を借りてお金のやりくりしている人も多いです。

ただ、複数の会社とのやり取りは面倒ですし、毎月の支払い日が会社により異なるのも鬱陶しいです。
「あの会社の今月分の支払いは完了てた?」「あの会社は来週までに支払わないと。。。」などと返済の事ばかり考えていると、気持ちも憂鬱になってしまいます。

そんな方には、ローンの「借り換え」を検討することもおすすめです。
複数のローンを1つにまとめることは、毎月の手間も減りますし、金利なども安くなり、結果的に返済総額も減ります。
そうなると、精神的にも経済的にもゆとりができます。

1つにまとめる際に注意すべきは、金利の安い会社にまとめるということです。
当然ですが、金利の高い業者にまとめると返済総額も大きくなるので、いかに上手くまとめるかがポイントになります。

「借り換え」のデメリットとして上げられるのが、手続きや諸々に経費が掛かるということです。
ローンを組み直すということになるので仕方ないことで、この手間を乗り越えれば楽になるので、一度「借り換え」は検討してみるべきです。

それに、複数のローン会社で借り入れしたままだと、いざ返済に困ってしまった時には、各社からの借金も膨らんでしまいます。
そうなると、返済総額が大きくなり過ぎてしまうので、「借り換え」の為の新規の借り入れも出来なくなってしまいます。

「借り換え」で注意すべき点としては、聞いたことのないようなローン会社での借り入れを避けた方がいいということです。

もちろん、小さくても優良な会社はあります。
が、やはり大手ローン会社の方が安全ですし、高額となると、大手の方が借り入れを行う本人も安心できます。
サービスも大手の方が充実していることも多いです。

ただ、「借り換え」の場合には借り入れ総額が膨大になることもあるので、審査が厳しくなります。
その為、必ずしも大手ローン会社で借り入れできるとは限りません。

その場合は、あまり聞いたことの内容なローン会社に「借り換え」を申し込むことになるかもしれないですが、
必ずインターネットを使って各社の条件やサービス内容、評判などをチェックして下さい。

大手にも劣らないような条件やサービスを提供しているローン会社もあるので、大手ローン会社で断られた場合には、まずはインターネット上のウェブサイトなどで徹底的に情報収集するようにして下さい。

海外でキャッシングした場合の返済について

海外でのキャッシングはクレジットカードが便利

多くの方が海外旅行でキャッシングを利用される時代になりました。
キャッシングは、現地で現金が必要になった場合にとても便利です。

で、キャッシングの利用するにはいくつかの方法がありますが、クレジットカードを利用するのが一番便利です。
今やほとんどの方がクレジットカードを持っているので、キャッシング専用カードなどを作る必要もありません。

ただ、デフォルトではキャッシングを利用できない場合もあるので、
事前にカード会社に問い合わせて確認しておくことをおすすめします。

海外キャッシングでの返済と手数料

海外でキャッシングを利用した場合の金額は、翌月にクレジットカード利用分と一緒に一括で請求される場合が多いです。
引き落とせないと利息の問題も絡んでくるので、支払い日までに必ず請求額を銀行口座に入れておくことをおすすめします。

海外キャッシングを利用すると、ATMの利用手数料と利息がかかります。
このATM利用手数料と利息分の合計額が手数料となり、キャッシング利用額と一緒に請求されます。

因みに、海外で現金を手に入れる場合には、両替所での換金する場合もあります。
ただ、キャッシングの手数料の方が安くなる場合が多いです。

それに、現金を持ち歩く必要もないので、海外で現地通貨を入手するにはキャッシングをおすすめします。

海外キャッシングには当然返済日というものがあり、それまでに銀行口座にお金を準備しておく必要があります。

ただ、キャッシングで借り入れを行った金額は少しでも早く返済した方が利息分が安くなります。
その為、繰り上げ返済を行って、返済日よりも前に返済してしまった方がお得になります。

繰り上げ返済に関しては、クレジットカードの裏面に記載されている電話番号に問い合わせてみて下さい。

クレジットカードはどのように選べばいい?

最近は多くのクレジットカード会社が存在していて、
何を基準にしてクレジットカード会社を選べばいいのかが難しいです。

そんな場合には、まずは入会費と年会費を調べて下さい。
取り合えずクレジットカードを使えればいいという方であれば無料のモノを選べばいいですし、
何か特別な設定などが必要な場合には有料のモノを選択すればいいです。

また、ほとんどのクレジットカードで利用額に合わせてポイントが貯まる仕組みになっています。
ポイントを使って買い物をしたり、商品券と交換したりできるので、ポイントに着目してクレジットカードを選択するのもいいです。

クレジットカードは発行しているカード会社によって、交通系カード、流通系カード、インターネット・通信系、銀行系カード、信販系カード、消費者金融系カードのジャンルに分けることができます。こういったジャンルに注目してみるのもおすすめです。

また、自身の趣味や日常生活、習慣、良く買い物をするお店などに合わせるのも良いです。

例えば、海外旅行が好きな方であれば、航空会社が発行しているクレジットカードがおすすめです。
飛行機に乗るたびにポイントが貯まりますし、貯めたポイントをマイルと交換することもできます。

また、毎日、通勤や通学などで電車を利用されている方は、鉄道会社が発行するクレジットカードがおすすめです。
鉄道会社の発行するカードであれば、ポイントをSuicaやPASMOなどにチャージすることもできます。

あとは、毎日買い物をするスーパーマーケットや良く行く百貨店があれば、
そのスーパーマーケットや百貨店が発行するクレジットカードがおすすめです。

大学生や専業主婦の方であれば、家族の誰かがクレジットカードを既に持っている場合には、家族カードがおすすめです。
また、学生であれば学生カードもおすすめです。
もちろん利用限度額は低く設定されていますが、審査が甘くなるので発行して貰いやすいです。

それと、クレジットカードを申し込む際には、条件も事前にしっかりと調べて下さい。
審査が甘いクレジットカーの場合だと誰でも持ててしまいますが、返済時の条件が厳しくなる傾向があります。

クレジットカードの申し込み方法

クレジットカードを発行するには、クレジットカードを発行しているカード会社との契約が必要です。

まず、カード会社に発行の申請を行い、申請者の返済能力の審査が行われます。
その審査に通れば、契約の手続きを行い、クレジットカードが発行されます。

最近は、様々なクレジットカードが流通していて、カードを発行している会社や業界によっても申し込み方法が異なります。

流通業界の会社が発行しているクレジットカードは、比較的簡単に申し込みを行えます。
例えば、百貨店であれば店舗の一角に専用の窓口が設置されているので、そこで申し込みを行えます。

また、ショッピングで商品を購入する際に、同時にクレジットカードの申し込みを行える場合もあります。

信販系の会社であれば、店舗にまで足を運んで店頭窓口で申し込みを行います。
銀行系のクレジットカードであれば、口座開設時に一緒に申し込むことができます。

最近は、インターネット上から専用の申し込みページが用意されている場合もあります。
その場合には、自宅からでも申し込みを行えます。

以前と比べるとインターネット環境も整備されて、簡単に申し込めるようになりました。
少しでも早く申し込みを行いたいのであれば、インターネットを利用することをおすすめします。

ただ、インターネットでの申し込みとなると、WEBページ上から必要書類を送信する必要があります。
運転免許証などの本人確認書類はスマートフォンなどのカメラで写真を撮って画像で提出することになります。

その為、PCやスマートフォンの操作に不慣れな方は、少しハードルが高いかもですね。
その場合には、店頭での申し込みをおすすめします。

クレジットカードの発行について

現在、多くの人がクレジットカードを利用しており、使っていなくても1枚は持っているというのが当たり前の時代になってきました。
中には一人で何枚ものクレジットカードを持っている人もいます。

さらには、学生や主婦でも使っている人は珍しくありません。
安定した収入のない学生や主婦でも、学生カードや家族カードという形で所有することもできるようになっています。

普段のちょっとした買い物で利用されている人もいれば、
携帯電話料金や公共料金などの支払いでクレジットカードを利用されている人もいます。

現金が無くても買い物をできるというのは便利ですね!

また、クレジットカードを利用するメリットとして、買い物をするたびにポイントが貯まるという点です。
クレジットカードを発行するカード会社によってポイントの貯まるペースは異なりますが、
貯まったポイントで買い物をしたり、電子マネーにチャージしたり、商品や商品券と交換したりすることも出来ます。

また、ポイントをマイルと交換できるクレジットカードもあり、ポイントが楽しみで利用されている人も多くいます。

クレジットカードの申請時には、用意しなければいけない書類があります。
まずは、どのような書類が必要なのかを調べておいて、予め準備しておく必要があります。

例えば、身分証明となる本人確認書類ですが、運転免許証やパスポートを身分証明書として利用するの一般的です。
また、現住所と本人確認書類に記載されている住所が異なる場合には、住民票が必要になることもあります。

それと、クレジットカードの発行には、利用者の返済能力を確認するために、必ずカード会社による審査が行われます。
返済できない人にまで発行していたら、カード会社も潰れてしまうので当然ですね。

例えば、安定した収入が無い方は、返済能力が無いと判断されてしまうこともあります。
また、安定した職業についてなければ、審査に通りにくくなります。
既に、他社で借り入れがある人も審査に通りにくくなることがあります。

それと、過去にローンやクレジットカードの支払いを長期に滞納していたり、自己破産していると、ブラックリストに乗ってしまいます。
ブラックリストに乗ると、そこから滞納情報が削除されまではクレジットカードを作ることができません。

ブラックリストに乗るような行動は極力避けて生活することも大切です。